teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


デルトラクエストは良書

 投稿者:土生  投稿日:2017年 9月23日(土)12時22分9秒 180-144-185-28f1.kyt1.eonet.ne.jp
  > デルトラクエスト読み終えた。それなりのどんでん返しがあって、 ちょっと「おお」と思って終わった。
http://www.page.sannet.ne.jp/hirasho/diary/diary1709.html#18p7

あのどんでん返しは、なかなかにニクい演出ですよね!
 
 

眼精疲労

 投稿者:TEN  投稿日:2017年 5月10日(水)07時52分50秒 KD182250250227.au-net.ne.jp
  自分は頭の鉢の部分をマッサージしたり、ディスプレイの色温度を上げたり(青の明るさを下げる)でだいぶ楽になりました。  

(無題)

 投稿者:にぱ~☆なのです☆  投稿日:2017年 2月 1日(水)16時12分41秒 119-229-72-206f1.kyt1.eonet.ne.jp
  こんにちは。
今更ながらAIRと言う作品に触れ、感想を読ませて頂きました。

あまりゲームをやり込む方ではないので年~数年に1本のゲームをするぐらいです。
なので設定がどうとかシナリオがどうとかは解りませんので純粋に「お話し」を読んで感じる様に心掛けてます。
晴子さんの不器用さがいたたまれず完全に感情を持っていかれました。。

人それぞれ思考や感情線は違いますが私の感覚に近く解りやすい納得できる感想をありがとうございました!
 

あけますた

 投稿者:Bandows10  投稿日:2017年 1月 6日(金)15時33分57秒 KD111236253208.au-net.ne.jp
  あけましておめでとでっす。
今年も遠く東北から日記を眺めさせていただきますヨ。

ファンが、というよりその人個人の性質なのかなって気がしますっす。

物事に心酔される方は何事においても同様の傾向にあるように思います。
相手の性質を量り損なわないよう、コミュニケーション能力と洞察力の向上は
難しいですがとても大事ですね。
 

(無題)

 投稿者:カンナビス  投稿日:2016年11月17日(木)09時33分48秒 KD106161229088.au-net.ne.jp
  お忙しいのに丁寧な返答ありがとうございます!!

なるほど…ifstreamというのはiosを継承しているのか…。
必要な部分だけを使っているということですね。

平山さんのわかりやすい説明と、知らないことがあってもコードは書けるんだというスタイルがすごく好きです。知るべきことは必要になってから学べばいい。この考え方のお陰で、プログラミングすることが楽しくなりました。

ありがとうございました!!
引き続き「ゲームプログラマになる前に」を楽しませていただきます!!C++の勉強を並行してるので匍匐前進的な速度ですが。

 

継承してます

 投稿者:ひらやま  投稿日:2016年11月16日(水)23時44分31秒 ngn2-ppp206.tokyo.sannet.ne.jp
  iosというクラスがあって、そこにbegやらendがあります。
なので、ios::begと書く人が多いわけです。
しかし、ifstreamはiosを継承しているので、iosのメンバもifstreamのメンバとして
使えます。だからifstream::begとも書けるわけです。

さて、どちらがいいか?なぜ平山はifstream::begと書くのか?という話ですよね。

私は「知らないことが多くても読めるコードがいいコード」と思っています。
ifstreamがiosを継承していて、begはiosのメンバである、ということは、
ifstreamだけを使う分には知らなくてもいいことですよね?
begがifstreamのメンバであると思っていても、一向にかまわないわけです。
登場人物がifstreamだけで済むのに、敢えてiosも登場させる必要はないかなと。

ところで、この掲示板、twitterが普及してからというもの滅多に確認すら
しなくなってしまいました。申しわけないのですが数日遅れて済んだのは
運が良い、というくらいです。
twitterやメールに投げていただければ、たぶんすぐ返事ができると思います。
twitterだと他の人とも共有できますし、
私がおかしな返答をした時に修正してくれる人も出てくるでしょうから、
twitterがよりおすすめです。

質問していただいてありがとうございます。私も勉強になりますので。
 

はじめまして

 投稿者:カンナビス  投稿日:2016年11月12日(土)18時02分9秒 KD106161226186.au-net.ne.jp
  平山さんの著書「プログラムはこうして作られる」を読み、すっかり平山さんのファンになってしまいました。既存のプログラム言語書籍に抱いていた僕の不満をすべて解決してくれたましたし、書籍を読んでも一向にプログラムが書けるようにならなかった自分の悩みをも解決してくださいました。

ありがとうございます。

さらなる高みに挑もうと、平山さんの著書である「ゲームプログラマーになる前に覚えておきたい技術」を購入し読んでおります。
C++に関しては全くの素人なのですが、C++の入門書などを併読しつつなんとか理解しながら読み進めております。文章が面白いし、説明がわかりやすく楽しませてもらってます。

ただ一点だけ、どうしてもわからないところがあって、ネットで調べたり書籍をあたってみたりして自分なりに解決しようと努力したんですが結局わからず、こうして直接質問させていただこうかなと掲示板に投稿させていただきました。

そのわからないところというのは、「ゲームプログラマーになる前に覚えておきたい技術」P20の、外部ファイルを読み込むソースコードでseekg()を使っている箇所です。
seekg()関数でifstream::endやifstream::begとなっていて、これがどういう命令なのかを片っ端から調べたのですが、ネット上の情報もどのC++書籍もio::beg、ios::endと書かれているものばかりなのです。
つまり ifstream と ios の違いがいくら調べてもわからないのです。
なぜ ifstream なのか。なにか理由があるのでしょうか。

初心者丸出しな質問で非常に恥ずかしいのですが、自力で解決することができず、質問させていただきました。
もしよければお答えいただくと非常にありがたいです!
 

(無題)

 投稿者:rityo  投稿日:2016年10月14日(金)13時03分19秒 pdcd36887.tokynt01.ap.so-net.ne.jp
  お忙しい中、ご返信ありがとうございます。

やはりシーン遷移はハードコーディングしない方が良さそうですね。
私のやつは小規模だしパフォーマンスも気にしなくていい類のなので、ほどほどに妥協することにします。

熟練プログラマーの意見が聞けて大変勉強になりました。重ねてお礼申し上げます。

平山さんの本は役に立つだけではなく、読み物としても面白いので(ちょっとした言い回しとかがクスリときます)、いつの日か3冊目のゲームプログラミング本が出ることを、楽しみに待っています。
個人的には、RPGのように項目が多いデータのセーブ&ロード処理とか、ゲーム作りには絶対に必要なのに解説してる本が存在しないものについての話が読みたいです。
まあ、平山さんが書いてくださるのであれば、あまり興味のない分野の本でもきっと買ってしまいますが。
 

(無題)

 投稿者:ひらしょー  投稿日:2016年10月 7日(金)23時20分51秒 ngn6-ppp658.tokyo.sannet.ne.jp
  シーン遷移と言うべきでしたね...シーケンスはセガ用語だったようなので。

さて、今となってはずいぶんと古い本ですが、お役に立てたようでうれしいです。
Unityを使う場合、まずはガベコレがある言語であることが大きいですね。
C++だとdeleteに関連するバグが入ると致命的で設計も難しくなりますが、
ガベコレがあるなら気にしなくて済みます(まあGPUリソース等ではそうも言っていられませんが)。

Unityで楽になるかと言われると、私もUnity素人なのでわかりませんが、
結局複数の場面で共通に使う素材があったりすると、素直にシーンを複数作ってつなぐだけでは
済まなくなるので、それなりには面倒だろうと思われます。
性能やメモリ、待ち時間のことを考えなくていいゲームなら簡単かもしれませんけど。

今の時代であれば、Unityであるかどうかに関わらず、
どのシーンからどのシーンに飛んで、その時に読む素材は何で、捨てる素材は何で、
みたいなことをコードでなくデータで書いたり、極力自動でよろしくやってくれたりする
ものを用意するのが良い気がします。Unityだったら誰か作って公開しているかもしれませんね。
 

シーケンス遷移

 投稿者:rityo  投稿日:2016年10月 5日(水)11時15分20秒 p7903e92e.tokynt01.ap.so-net.ne.jp
  新しくHaxeでゲームを作り始め、シーケンス遷移で躓いたので、2年前に買ったゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術を読みなおしました。
今までに洋書を含めて10冊以上ゲームプログラミングの本を読みましたが、これ程シーケンス遷移について詳しく書かれた本は他に無いので、とても参考になります。
初刷りから、約8年、それなりの年月が経ったように思われますが、シーケンスのばら色の未来は訪れたのでしょうか。
Unity使えば簡単にやれたりするんですかね?
 

レンタル掲示板
/40